今しか存在しないという事実

2020/01/29 13:36 に Kusum Ishaya が投稿   [ 2020/01/29 13:41 に更新しました ]
アセンションは事実に根ざした、実用的な技法です。

”事実”という言葉を”真実”とか、”真理”、とかに置き換えると、グッとスピリチュアル感が増しますが、
私はシンプルな事実、という表現が好きです。

たとえばアセンションにおいては、
”気がついた時にアセンション・アチチュードを思い浮かべて、起きることを起きるままにする”
というのが唯一のインストラクションですが、これもとても実用的なものです。

私たちの思考の中には、過去、現在、未来という豊な物語が存在しますが、事実としては私たちは今しか体験していません。
ちょっと確認してみてください。過去について思いを馳せるのはいつでしょうか?

未来については?

”今”ですよね? ”今”について考えるのも今です。

だからアセンションでは、もうすでに終わってしまった過去にもっとアセンションしていれば、こういうことにはならなかった、とか、
未来にこういう結果が起きるようにアセンションをしなさい、というインストラクションはありません。

まずこういうことができるようになったら、次にこういうことをする、というものでもありません。
初めて習っても、30年続けても、することは一緒です。

気づいたら、今思い浮かべる。
今、アチチュードを思い浮かべて、過去や未来、あるいは今という物語から一歩離れる。
私の物語から一瞬離れる。

これだけです。
”起きることを起きるままにする”、というのは、放っておいてもそうなることなので、何かをしなさいという指導ではなく、
”起きてくることはそのまま、それでいいんだよ”と言っているだけです。

古い癖が返ってくる、
思考がまた湧いてくる、
静けさがある、

そのどれも、そのままで問題ない。
ただそれに気づいたら、またゆったりとアセンションに返る。

前回アセンションしてから次に気づいたのが1分後でも、2時間後でも、3年後でも関係ありません。

今、気づいた時にただ思い浮かべる。

そのシンプルさによって、私たちの自然なあり方はだんだんと思いだされ、当たり前のあり方に戻っていきます。


にほんブログ村 哲学・思想ブログへ